個人輸入ガイド > 記事 > プラスチックリサイクル

プラスチックのリサイクルの流れ

プラスチック素材のリサイクルについて、真剣な取り組みをしている企業やNPO法人が増えてきました。
また、プラスチック素材のリサイクルを本業とする企業も増えていますね。それでは、プラスチック素材のリサイクルの流れについて、ご紹介しましょう。

 

ここでは、大手企業がプラスチックのリサイクル業者に依頼するときのリサイクルの流れについて、簡単にご説明したいと思います。
企業でたまったプラスチックごみについて、企業と提携する運送会社が、すべてまとめて引き取りに行きます。
全国各地の契約倉庫にプラスチックごみが貯められ、さらに提携する工場にてリサイクルが行われるといった流れになります。

 

リサイクルされるプラスチック資源には、発砲スチロールやフィルム、ペットボトルなど、わたしたちのごく身近に存在するプラスチックがたくさんあります。
プラスチックの種類によっても、リサイクルの作業工程に違いが出てきます。

 

これまではごみとして処理されていたプラスチック素材は、わたしたちの知らないところでリサイクルされており、まったく別の商品として販売されている場合もあれば、商品として販売されるものでなくても、あらゆるニーズに役立つ資源として再利用されているんですね。

おすすめサイト

国内循環型の「マテリアルリサイクル」
廃プラスチックなどの廃棄物を、製品の原材料(マテリアル)として再利用(リサイクル)することをいいます。廃棄物を燃やした際に発生する熱をエネルギーとして利用する「サーマルリサイクル(熱回収)」と比較しても、環境負荷が小さく、環境にやさしいリサイクル方法といえます。

関連記事

 

記事

最新記事

ページの先頭へ