個人輸入ガイド > 記事 > 上海 会社設立★

上海 会社設立

上海や各主要都市に設置されたの自由貿易試験区(FTZ)、

 

日本などの外国企業が、中国で、上海で、会社設立するのにデメリットであった、
様々な規制を取り払おうというもの。

 

とはいえ一気に取り払えないから、試験区としてスタート。

 

中国は、少なくとも今の法制があわないなら、それがあわずに外資が入ってこないなら、
入れるように制度を変えようとしている。

 

一方で日本は、外国人が入ってくる、事業をする、、という行為に寛容な国ではない。

 

 

そう考えれば、中国での会社設立を検討する際に、FTZはホットな話題なのでしょうが、
まだまだ他地域に設立することに関してもさほどの差別化されてない模様。

 

 

その中でも上海に設置された自由貿易試験区の動向が注目されている。

 

 

自由貿易試験区の概要が発表されてから間もなく、各国の金融機関の申請が相次ぐとともに、
先行投資ともみられる申請者が相次いだ。

 

一旦は中国の外資開放の路線が垣間見えた形だが、自由貿易試験区で何が可能で、何が不可能かは不透明。

 

中国では、恩恵を受けて会社を設立した場合には、なかなか撤退できないとも聴く。

 

 

中国での先行投資は、その性質をしっかりと見極めなければならない。

関連記事

 

記事

最新記事

ページの先頭へ